クリスペルカーフシリーズ

クリスペルカーフシリーズ

ドイツの名門タンナーが1864年から培った革技術の結晶が生む欧州最高級のボックスカーフ。

1864年から本格的にボックスカーフの生産に力を入れ始めたドイツの名門タンナー「ペリンガー社」。
その中でもひと際輝きを放つ素材がこのクリスペルカーフです。

 

煌びやかな光沢を持ちながら、使い込むことによって、しっとりと手に馴染み、クッタリとしたフォルムに変化していくのもこの革の醍醐味です。
欧州最高級のバックスカーフを裏表に使用した本シリーズは、非常に美しく持つ者に至高の喜びを与えてくれます。

 

ドイツ名門タンナーペリンガー社

ドイツの名門タンナーであるペリンガー社は1864年から主にボックスカーフを中心とした皮革を作り続けています。
欧州最高級のボックスカーフ(生後6ヶ月以内の仔牛)採用しており、5世代に渡って累積された革鞣しの技術や経験と近代的な製造方法を結合させることで、常に安定した最高品質の革を供給するタンナーです。

 

ボックスカーフという素材は、しなやかで肌理細かく柔らかいという利点を活かす為、基本的には殆どがクロームで鞣されます。
ボックスカーフの中でもクリスペルカーフはその独特のシボ感と美しい光沢。ココマイスターの中では少ない、クローム鞣しと呼ばれる製法であるため傷に強く、初期の状態でも十分に深みの表情と煌びやかな光沢を感じることが出来ます。

 

この革の特徴はクローム鞣しでありながら、経年変化も楽しめることです。
ハリがあり、さらりとした手触りが印象的なクリスペルカーフであるが、使い込むことにより、しっとりと手に馴染み、何とも表現しがたい潤いのある煌びやかな光沢感。
使い込んだ者だけが得られる、革技術の結晶を感じる取ることが出来る。

 

この革はオイルを多分に含んでいるため、使うだけでもメンテナンスになるが、革のかさつきを感じたらクリームを極少量布に取り、布に馴染ませた後に円を書くようにして塗布していただきたい。
末永く使える逸品です。

 

クリスペルカーフシリーズ一覧

クリスペルカーフ・カシウスウォレット(ロングウオレット)
クリスペルカーフ・ロシュウォレット(長財布)
クリスペルカーフ・ロシュパース(二つ折り財布)
クリスペルカーフ・キーケース
クリスペルカーフ・コインケース
クリスペルカーフ・名刺入れ

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング