「革財布」ってどんなイメージ?

「革財布」ってどんなイメージ?

信頼を勝ち取る相棒

「革財布」と聞くと何をイメージされますか?

高級品を思い浮かべる方も多いでしょう。
また、ブランド名がいくつも挙げることができる人もいるでしょう。

 

本革の財布であれば、メンテナンスをしっかり行えば何十年と長持ちさせることもできますし、自分の手に馴染んできますから、愛着も湧いてきます。
革財布の産地ということではイタリアの革製品が有名です。
イタリアは革製品の製造技術では長い歴史を誇っています。

 

その他に、フランス、イギリス、ドイツなど、それぞれの国の特色を持った革製品があります。
なめし方などの製造方法にいろいろな違いがありますので、その違いを楽しむのもいいです。

 

信頼を勝ち取る高級メンズ革財布

革財布、それもメンズ向けの革財布ともなると、女性向けとはコンセプトが違ってきます。
ビジネスマンの中には、高級スーツにオーダーメイドシャツ、左袖にイニシャルの刺繍など外観センスが素晴らしい方がいます。
ただ、財布まで気にしている方は少ないように思えます。
特に、初めてのお客様との会食は注意が必要です。
会食中のお客様はあなたの情報を集めています。

 

立ち振る舞い、髪の色、髪型、爪のケア、スラックスの折り目は、靴は磨かれすり減っていないか、顧客への気配り、表情、話すときには目を合わせているかなどあなたのあらゆる情報を集め信頼していい人物かを判断します。

折角、信頼を築き上げても、会計時に一見して安物の財布では、一瞬で信頼を失うかもしれません。
会計時に高級スーツの胸ポケットから一見して高級革財布をさり気なく扱う。

 

そして、相手の方に好印象を与え信頼を勝ち取る。
ビジネスマンなら一つランクが高くても高級革財布を持つことをお薦めします。

 

参考
管理人愛用のコードバン長財布を参考にしてください。

 

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング