「MADE IN JAPAN」の革財布

「MADE IN JAPAN」の革財布

クラフトマンシップ放棄

 

海外ブランド財布を探している方は、どのような基準を持っていますか。
有名ブランドとしては、エルメス・グッチ・ボッテガ・ヴィトン・ブルガリ・カルティエなどがあります。
これらのブランドは革製品を特にメインにしているわけではありませんが、革製品をメインに扱っているブランドもあります。

 

エッティンガー・ホワイトハウスコックス・グレンロイヤルといったブランドがそれに相当します。
こだわりがある方は、そうしたブランドの製品に絞って探している方もいます。

 

そうした中で、「意外」といっては失礼ですが、「MADE IN JAPAN」の革製品が品質的にみても素晴らしいです。
海外ブランドは名前は売れています。
それに憧れを抱くのも仕方のないことです。

 

しかし、コスト重視・利益重視の方向に進んでいることは否めない事実です。

 

クラフトマンシップ放棄

現在、海外ブランド革製品は、クラフトマンシップ(職人技能)が放棄されていると言っても過言ではありません。
事実、中国、ベトナムなど賃金の安いアジアに生産はシフトしています。
有名ブランドだと購入しても、実際にはイタリアで作られたものではなく、アジアで作られたものが多くなっています。

 

アジア生産は機械織りが主流で、海外ブランドを買う時は生産国には注意が必要です。

 

例えば、
原産国:イタリア
生産国:世界の工房で作っているのでお客様が選ぶことは出来ません。

 

世界の工房で作っているって場所はどこなの?

 

イタリアの革を使うならイタリアで作れば良いのに。
残念ながら、イタリア職人は賃金が高いのでそのようなわけにはいきません。
その点、日本の職人技術はイタリア職人より、製品づくりに対する「厳しさ」、「丁寧さ」、「心遣い」という点で勝ります。

 

伝統的に職人の地位も高いですし、工房サイトでは職人さんたちの製品に対するこだわりが伺えます。
また、多くの工房では、職人さんの作業中写真も紹介され親しみが湧いてきますよ。

 

 

もし、コスト重視・利益重視の方向に進んでいる高額な海外ブランド財布を買うなら日本では見ることが出来ないイタリア最高級皮革を日本の熟練職人が一つ一つ手作りすらう国内最高級革財布をお勧めしたいですね。

 

参考
管理人愛用のコードバン長財布を参考にしてください。

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング