マレンマとは?

マレンマとは?

「ブッテーロ」で名を馳せるイタリアの「ワルピエ社」によって生み出された「もうひとつの」タンニンレザー、「マレンマ」。

牛革の中でも繊維が硬く、強度が高いショルダー部分を使用した頑丈なヌメ革で、革の中にオイルを染み込ませているため表面の手触りが少ししっとりしており、がっちりとしているのに柔軟なコシがあるのが特徴です。

 

マレンマレザーとはステアハイド(雄牛の革)をタンニンなめした後、染料で染め上げた素材です。
イタリアの数あるタンナーの中でも数件しか行えない伝統的な「バケッタ製法」により製造されています。
植物から採取されたタンニンを100%使用し、化学物質などを使わないで革をなめす方法です。

 

一枚一枚職人が手でなめしていくため、労力と時間がかかる革ですが、その分革から出てくる表情は渋さと素朴さを兼ね備えながら、重厚感のある光沢を出すことができます。

 

ヴィンテージ感漂う革で、革本来が持つ自然で素朴な表情に仕上がっており、使用していくほどに艶が増し、感触も良く、透明感がある風合いに育っていきます。
また、革を折り曲げたところから下地の色が浮いて見える「プルアップ加工」で、革でしか出せない独特の色むらを持っています。
革を曲げる等すると革の表面、および内部の染料が割れて明るい下地が現れるのです。
使い込んでいけばいくほど、いい風合いに育っていくのも特徴的です。

 

ブッテーロと基本的に同じなのですが、異なる点としてはオイルの量が2倍使われていることです。
たっぷり染み込んだオイルが革の保湿剤の役割を果たしますし、ときどき乾拭きするだけで色がより深くなっていくエイジングの効果が得られます。
アフターケアがしやすく、長年使用したような深い色合いが通常のヌメ革よりも早く現れるのが「マレンマ」の特徴といえます。

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング