ヌメ革について

ヌメ革について

ヌメ革は非常に丈夫に出来ています。

理由は他の皮革に比べて繊維の目が詰まっているからです。
これは加工の方法の違いからきています。
少々荒い扱いをしても、革自体が大きく損傷することはありません。

 

また、しっかりとケアを行えば、数十年単位で使い続けることが出来るほど丈夫に出来ています。
その反面、ヌメ革は表面加工がされていないので表面の傷はつきやすくなります。
爪があたったり、ちょっとこするだけで簡単に傷がつくくらいです。
しかし、その傷さえ味に見えてくるのですから、実に不思議な革といえるでしょう。

 

ヌメ革は、タンニンなめしによりなめされています。
使い始めの頃は繊維がびっしりと並んでいる状態で固くてゴワゴワした質感をしています。
しかし、これが年々使い込んでいくと繊維がほぐれてきてゴワゴワした感じがクッタリした質感へと変わってきます。
使う人の手の脂などが染み込んだり、日光が当たることによって、ツヤも出てきてアメ色へと変化します。
いわゆる「あなたの色に染まってきた」という感じでしょうか。

 

あなただけの、この世に一つしかない唯一無二の財布になるわけです。
さらに、使い続けることでヌメ革は手に馴染んで増々変化していきます。
手に入れてからの10年後が楽しみな皮革といえるでしょう。
その時、どう変わっているのかな、と想像するのも面白いですね。

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング