カリオカとは?

カリオカとは?

イタリア・トスカーナー州にあるテンペスティ社はイタリアを代表する老舗タンナーの一つです。

 

同社は、1,200年前から伝っている伝統的な製法、「バケッタ製法(ベジタブルタンニンなめしによるイタリアンオイルレザー)」の代表格とされています。
テンペスティ社では、植物による皮なめし加工を行っています。
環境保護とナチュラルな仕上げを目指しているのです。

 

こうして厳しい品質規定を満たした最高級レザーが生産されています。
昔は革をショルダー部、ベリー、バットの3つのパートに分けて使っていました。

 

これは各部位の特徴を生かすためです。
ショルダー部は丈夫なため靴の底革などに使われました。
ベリーはとても柔らかい特徴を持っています。
そしてバットが最も良い場所とされ、ハンドバッグなどに使われてきました。

 

今はなめし技術が進歩しましたから、薬品で特徴を変え、丸革(といっても半裁と呼ばれる半身のこと)のままユーザーの要求に沿う形で製品化されます。
テンペスティ社の「カリオカ」は、昔ながらの製法で作られています。
牛革のショルダー部だけを使って、自然のままのシワや丈夫さを求めるために、天然の植物性タンニンでなめしています。

 

そして最後の仕上げには回転ドラムの中で革を揉んで、やわらかくします。
その際に魚油を加えることでしっとりした触感を牛革に与えています。
長い間使い込めば色に深みが増してきますし、独特の味わいがでてくるのがカリオカの特徴といえます。

 

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング