ナポレオンカーフ

ナポレオンカーフ

私たちが使っている革製品には「エイジング」といって、経年経過による色や質感の変化があります。

また、染料なのか、顔料による仕上げ方なのかといった違いによって、そのスピードは各々違ってくるといわれており、染料仕上げの方がエイジングが早いとされます。
この経年変化・エイジングが特に早いと言われている革が「ナポレオンカーフ」です。
あまりにも早いので革財布通には「スーパーエイジング」とも呼ばれています。

 

使い始めのころはマットなヌバックの状態です。
ヌバックとは牛革の銀面をごく軽くペーパーで摩擦して起毛させて、ベルベット状に仕上げた革のことで、バックスキンに似ています。
そのこともありヌバックとは「新しいバックスキン」を意味しているのだそうです。
ビロードのような高級感があり、別名「銀磨り」とも呼ばれています。
これが使い始めて半年もすれば、艶々の別物になってしまうのです。

 

製法は門外不出になっており、イタリアンオイルドレザーを代表するものです。
ココマイスターなどでは、日本の熟練した職人たちによって裁縫・製造されており、ナポレオンカーフの魅力を存分に楽しむことが出来ます。
その技術は他の追従を許さない高レベルを誇っています。

 

ナポレオンカーフの「スーパーエイジング」を存分に味わえ、半年後にはアンティークな表情を見せてくれるのも楽しみですね。
その上、職人たちの高度な技術力も堪能できる革財布ですから、ココマイスターのナポレオンカーフシリーズはお勧めの一品といえるでしょう。

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング