パティーナのお手入れ方法

パティーナのお手入れ方法

ヌメ革は革の表面に加工が施されていないため、水濡れなどによるシミがつきやすいのが特徴です。

 

使い込んでいくと手の油や革自体から出る油により自然の保護膜ができますが、まっさらな状態のヌメ革はやや汚れやすいので、購入した後、コロニル・ディアマントのクリームを塗ると、汚れがつきにくくなります。

 

水シミもクリームの油分により付きづらくなります。

 

また神経質な方は防水スプレーによる保護も併せると効果的です。

 

しかしながら、ヌメ革は傷やシミなどが味となっていくため、そこまで神経質にならず荒く使う方が、ヌメ革としての味が出てくるかと思います。

 

革メンテナンス用品

 

パティーナシリーズ

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング