皮と革の違いについて

皮と革の違いについて

生活シーンで使われる革製品(バッグ、財布、小物)などは全て”革”です。

しかし、革ってなんなんのか意外と知らないですよね。

 

まずは皮と革の違いについて、簡単に分かり易く説明いたします。
革と皮はどちらも「かわ」に違いはありませんが正確には、動物から剥いだ状態のものを“皮”といい、タンナーという職業の方々による”なめし”という工程を経たものを”革”と呼びます。

 

なので、製品になるものは全て”革”と呼びます。
皮となると、動物の皮膚の状態を指します。

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング