革の色付けの方法

革の色付けの方法

革の色付けの方法は、大きく分けて、2つあります。

 

それは、”染料仕上げ”と”顔料仕上げ”と呼ばれるものです。

 

コードバンブライドルなどの特殊な加工の皮革は例外です。

 

まず、革の段階で傷1つ無いものは存在しません。
革を作る人は、傷を隠すのか。
傷を生かすのか。という部分の選択を行います。

 

この選択で、後にエイジングと呼ばれる、革の経年変化に影響がでます。
染料仕上げ”はエイジングを起こしやすく、 時とともに美しい風合いへと変化します。

 

しかし”顔料仕上げ”というのは、皮革の表面にペンキを塗るように色付けを行います。
そのため、傷を隠し、キレイな表面になりますが、経年変化は起こりづらいです。

 

正確には、経年変化しているのですが、表面に塗ってあるペンキが変化を隠します。

 

一般的に多いのは、顔料仕上げとなります。

 

本革=経年変化を起こすのではなく、染料仕上げ、もしくは色を付けていない
素のままの状態の革は、経年変化を起こします。
ヌメ革などは素のままが多いです。

 

以下のものが染料仕上げです。

 

マットーネシリーズ

 

ナポレオンカーフシリーズ

 

パティーナシリーズ

 

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング