革の表情について

革の表情について

この染料仕上げは、革本来の風合いを出すため、以下のような特徴があります。

 

バラキズ

引っかいたような傷や、虫刺され、怪我などが痕になって現れます。
一見、爪で引っかいたような痕に見えますが、立派な染料仕上げの証です。
傷のない皮革は、経年変化を起こしにくいのは説明しましたが、
この傷こそ、天然皮革の証なのです。

 

革らしいシワの表情(通称、トラ)

動物は生きている間に、当然皮膚にシワができることもあります。
筋状に何本も走ることもあるシワは、革の証。
革らしい表情を醸し出してくれる大切なものです。

 

色の濃度の違い

1つ革といっても、1枚の革で濃度やシボと呼ばれる、肌目の細かさが
少しずつ異なります。その変化こそ革の代名詞。
同じものは2つとない、皮革製品の醍醐味です。

 

稲妻のように走る、皮革の証

稲妻のように革の表面は、ウシの血筋です。
筋状に何本も走ることもあり、革らしい表情を演出してくれる
重要な要素の1つです。

 

このような表情も、天然皮革ならでは!

 

以前から、レディースの皮革製品などは顔料仕上げが一般的でした。
しかし、メンズの革製品と言えば、経年変化をしていき、使うごとに味が出てくるというのが一般的でした。

 

今では、顔料仕上げの革が多く、革本来の風合いを隠してしまうことが多いです。
当然傷を隠せば、製造工程も少し簡単になります。
傷を避けながら革を抜いたりする手間が省けます。

 

恐らく、革製品=キズがある。
というイメージはあまりないのではないでしょうか。

 

当然お客様から、「キズがある。不良品だ!」とお叱りを受けることも少なからずあります。
かといって、本物の革製品を提供していきたいという思いから、
すべての革を顔料仕上げにしようとは思いません。
ただ、イメージと違う場合もあると思います。

 


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング