イタリアの素材の良さとは

イタリアの素材の良さとは

ヨーロッパのデザインに関してですが、こちらは感覚的になってしまいます。

 

製造経験からすると、ヨーロッパの商品は曲線の使い方が非常に繊細です。

 

日本のデザインが劣っているということではありませんが、

 

現代の日本の商品は、建物などでもそうですが左右対称であることが多いようです。

 

非常に直線的で、線の太さなども一定でカチッとしています。

 

ヨーロッパではロココ調とまでいかなくても、アシンメトリーであったり、

 

線の太さに繊細な強弱をつけて仕上げます。

 

日本がデジタルでヨーロッパがアナログというような感じです。

 

そのため、ヨーロッパのデザインには曲線の繊細さと、国民性からくる大胆さが

 

兼ね備わった味のあるデザインになるのではないかと思います。

 

色に関しては、革の色、植物の色から蛍光灯の光まで、日本とヨーロッパでは異なります。

 

日本の色はお醤油の色が入っているような、、、どこかしら和の色になります。

 

一説には、水の硬さや土壌の色が関係しているとのことです。

 

イタリアの革と日本の革はどう違うのか


トップ 長財布 2つ折り財布 小銭入れ 名刺入れ ランキング